journal

結婚式のコンセプトとは何か。

最近、感度の高い花嫁さんやウェディングのプロデュース会社が取り入れ始めている「ウェディングコンセプト」。
あちこちで言葉は聞くようになりましたが、「それが一体どういうものなのか」という定義はされておらず、
まだまだふわっとした感じで浸透しています。

ウェディングのプロデュースをはじめてから、ずっと作ってきたコンセプト。
現在、私たちはブライダルの専門学校でも「コンセプトメイク」の講師として、定義やつくりかたを教えています。
そんな私たちが定義する「ウェディングコンセプト」をできるだけわかりやすくシェアしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ウェディングコンセプトとは何か。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「結婚式のコンセプト」というと、「テーマのこと??」「パーティーのタイトル!?」「自分たちがやりたいコトをまとめたスタイルシート??」と様々な認識がされているようです。
きっと、どれも間違っていないでしょうし、どれも大切ですが、私たちが定義するウェディングコンセプトは、先のものを含んだ「結婚式の設計図」です。

家を建てる時も、プロジェクトを進める時も、まず始めに設計図や企画書をつくりますよね。
でも、結婚式にはそれがない。「なぜ結婚式をするのか」とか「その結婚式のゴールはなにか」とか「そこに込める思いは・・・」という、一番大切な部分を深掘りし、整理する前に準備が始まってしまいます。

実際に結婚式の準備がはじまってから急激に予算が上がってしまったり、結局ありきたりな進行になってしまったり、選ぶものや決めることが多すぎて疲弊してしまったり・・・。
これらは、家づくりで言えば設計図なしに直感や勢いで柱を立てたり、床板を貼ったりするようなもの。
そりゃ大変に決まっています!!!!

今までの結婚式は、業界主導でバリューセットの注文のように限られたものの中から選ぶシステムが主だったので、コンセプトなんてなくたって、それなりの結婚式ができてしまったのです。でも、今の時代はもっと自由だし、選択肢も多い。
そんな時に、何百万もかける結婚式に設計図がないほうがおかしいのでは??と思うのです。

では実際にその結婚式の設計図「ウェディングコンセプト」の中身はどのようなものなのか。
自分で作る際には何を決めればいいのかを次回解説してきたいと思います!お楽しみに❤

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。