journal

プロポーズされたら・・・「○○」

プロポーズされたら「○○」。
90パーセントくらいのプレ花嫁さんが、
同じ言葉をいれるのではないでしょうか?
コピーの力や、広告の力ってすごいよねって本当に思います。

もちろん、この言葉が浸透して結婚式を挙げるカップルが増えたんじゃないかな?
と思いますし、それはすごく素敵でありがたいこと。

しかし、個人的にはプロポーズされて会場を探すために結婚情報誌を買うその前に
もうワンステップ入れて欲しい!!
それはふたりの結婚式のコンセプトをつくること。

式場が決まってから、「ああでもなかった・・・」「実はこうだったかも・・・」
という後悔をしてほしくないからこそ、
自分たちが何を伝えたくて、どのような想いで結婚式をしようと思っているのかを
きちんと理解してから式場を探して欲しい!!

「和婚がいい」「クラシカルがいい」など、
イメージやスタイルのご希望はもちろんあるでしょうし、
アクセスや設備など物理的な必要要素やスペックも大切です。

そのあたりを踏まえた上で、「なぜ、和婚がいいんだろう」
というところまで考えてみると、
意外と面白い発見があったりするものです。

ぜひ、「結婚」という特別な結びつきをきっかけに、
自分たちのことやお互いのことを深堀してみてはいかがでしょう?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。